売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「第三者割当増資」とは?

更新日:2020-03-30

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「第三者割当増資」とは?

第三者割当増資とは、会社における資金調達法のひとつ。通常株式会社は株主から資金を調達しますが、この場合は株主であるかを問わず、特定の第三者に新規発行株、もしくは処分する自社株式を譲り受ける権利が与えられます。第三者には特に定義がありませんが、一般的には自社の役職をもつ社員や取引先、もしくは取引のある金融機関から選ばれることが多く、それゆえに「縁故募集」と言われることも。取引先との関係強化や、経営不振により通常の増資が期待できないなどの理由から行われる方法です。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ