売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「DIP」とは?

DIPは「Debtor in Possession(デター・イン・ポゼッション)」を略した言葉で、日本語訳すると「占有を継続する債務者」となります。これは経営難に陥り倒産手続きを行っているような会社の再建に、依然として旧経営陣が関わっている状態のことです。そのような企業に資金提供を行う金融機関はDIPファイナンスと呼ばれますが、日本においては再建途中の会社への投資はリスクが高いとして敬遠されがちなので、一般的には政府系金融機関が中心的に行っていると言われています。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ