売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「EBITDA倍率」とは?

EBITDA倍率とは、企業価値(EVとも。Enterprise Valueの略)がEBITDA(税引き前の利益に支払利息や減価償却費を加えて算出されるもの)の何倍になるかを示す指標のこと。簡単に言えばEBITDA何年分で買収コストを回収できるかを表しており、M&Aにおいては一般的にこの数値が「8倍から10倍」になると適正水準だと言われています。8倍はEBITDA8年分、10倍は10年分で回収可能ということなので、10倍以上になると案件が見送られるケースが多いようです。ただし、先進国では事業の成長度が新興国に比べると低くなる傾向があるため、8倍以下の数字が出ることは稀とされています。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ