売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「フリーキャッシュフロー」とは?

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「フリーキャッシュフロー」とは?

フリーキャッシュフローとは、会社が本来の事業や営業活動において出した収益から、自由(フリー)に使うことのできる現金(キャッシュ)がいくら存在するかを示すもの。営業キャッシュフローから投資キャッシュフローを差し引くことで求められます。フリーキャッシュフローが多ければ多いほど企業は投資や株主への配当などが可能ということになり、順調に経営されていると言えるでしょう。逆にこの値が低い場合はいざ資金が必要になった際、金融機関や投資ファンドから調達しなければならない恐れがあります。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ