売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-05-08

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「実質破綻先」とは?

実質破綻先とは、銀行が企業に対して行う信用の度合いを示す格付けのひとつ。実質破綻先は中でも最も信用度が低い「破綻先」に次ぐ位置となり、辛うじて経営破綻は起こしていないものの、実質破綻しているようなものであり、再建が困難と見なされている状態を言います。具体的には元本、もしくは利息の返済が6か月以上遅延している債務者のことです。実質破綻先は貸し倒れのリスクが非常に高いため、新規融資を受けられる可能性はほぼないと思って良いでしょう。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ