売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「クロスボーダーM&A」とは?

更新日:2020-03-30

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「クロスボーダーM&A」とは?

クロスボーダーM&Aとは、売り手企業、もしくは買い手企業どちらかが外国企業という特徴をもつM&Aのこと。本来日本企業が海外進出する際には基盤確保が難しいものですが、M&Aにより既に外国で利益を上げている企業を買収すれば素早く参入することができます。しかし、お互いに異なる文化をもつ以上交渉は国内企業同士より難航しやすいと言われていますし、それぞれの国の情勢により収益が変動する恐れもあるため、注意が必要です。昨今では海外ファンドによる日本企業の買収も増加しており、クロスボーダーM&Aは今後もM&Aの手法のひとつとして広く浸透することでしょう。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ