売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口

更新日:2020-04-03

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aアドバイザリーおすすめ3選

中間手数料無し「完全成功報酬型」

M&Aネットワークス

手堅く一部上場企業「着手金無料」

M&Aキャピタルパートナーズ

手作りのコンサルティング

山田コンサルティング

M&A用語「純資産法」とは?

純資産法とは、主にM&Aにおいて企業価値を算定する方法のひとつ。貸借対照表に記載されている資産から負債を引いた差額を指す「純資産」を基に株価を計算するもので、コストアプローチとも呼ばれます。主な手法としては帳簿の資産合計を基準とする「簿価純資産法」と、貸借対照表の資産と負債を時価で評価することで純資産額を計算し、一株あたりの時価資産額を算出する「時価純資産法」があり、後者は「修正簿価純資産法」と称される場合も。

この記事のURLをコピーする
M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください M&AマガジンのM&A相談窓口が開設されました。M&Aのお悩みなんでもご相談ください
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

ページのトップへ
ページのトップへ