売却・譲渡企業のためのM&Aマガジン M&AマガジンのM&A相談窓口
M&Aマガジン HOMEM&Aするなら知っておきたいM&A用語集M&A用語「ショートリスト」とは?

更新日:2020-03-17

M&Aマガジンの「M&A相談窓口」ができました。詳しくはこちら

M&Aに関する”わからないこと”を今すぐ相談!
目的に合わせてM&A会社を選ぼう

比較項目
M&Aネットワークス
公式HP
日本M&Aセンター
公式HP
サービス形態アドバイザリー型
(売りたい人向け)
仲介型
(買いたい人向け)

M&A用語「ショートリスト」とは?

ショートリストとは、M&Aの相手となる候補先をアドバイザーがある程度絞り込んだもの。まずはそれよりも候補先の数が多いロングリストを作成し、経営者の希望を聞いたり面談を行ったりして選出されるのが一般的です。絞り込む基準としては会社の沿革や従業員数、売上高といった「会社概要」や「事業内容」はもちろんですが、「売却希望金額」、「株主の構成」「相乗(シナジー)効果が得られそうか」なども重要なポイントと言われています。

この記事のURLをコピーする
03-6825-1875

受付時間|9:00~18:00(平日)

メール問い合わせはこちら

メール問い合わせはこちら

   
ページのトップへ
ページのトップへ